HOME -> SEO用語解説 > 商品のサブタイトルで差別化を図る

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品のサブタイトルで差別化を図る

ks.png


商品は名前が重要です。


どれほど重要かと言うと、商品は名前が命だと言えるほどです。


これほど商品名が重要視されることには理由があります。


それは、売れないネットショップは、商品やサービスの名前が一度では覚えられないようなものばかりだという特徴があるからです。


商品やサービスを売るためには、売れる商品名を付ける必要があるのです。


では、売れる商品名とはどのようなものでしょうか。


これは、聞いただけで商品がどのようなものかわかる商品名のことになります。


わかりやすい商品名を付けることが、売れる商品にするために大切なことなのです。


しかし、商品を他社から仕入れて売っている場合には、商品名を自分で付けることが出来ません。


このような場合には、商品のサブタイトルを付けるという方法があります。


オリジナルの商品名を考え、メーカーの製品名を告知すると同時に、考えたオリジナル商品名をサイトに掲載するのです。


サブタイトルを商品に付けることで、同じ商品を扱っている競合他社と差別化を図ることも出来ます。


商品を他社から仕入れている場合でも、商品名を付けることを諦めずに、わかりやすく覚えやすいオリジナルのサブタイトルを考えてください。


【関連情報】
販売業でインパクトのある商品名

サービス業でインパクトのある商品名

商品名にインパクトはあるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP