HOME -> SEO用語解説 > 総合トップページに必要な項目

SEO用語解説 - そ

総合トップページに必要な項目

総合トップページに必ず必要なものは、商品やサービスを分類したメニューでしょう。
しかし、ユーザーは商品やサービスのことだけを知りたいわけではありません。
商品やサービスを分類したメニュー以外にも求めている情報がありますから、ユーザーにとって必要な情報を総合トップページには掲載してください。
では、どのような情報がユーザーにとって必要な情報なのでしょうか。
ユーザーが求めている情報には、「保証や特典など安心に関する情報」「住所や連絡先など運営者に関する情報」「スタッフの仕事ぶりがわかる写真やお客様の顔など人間の顔」「サイトで何を扱っているのかがわかるコピー」という4つの情報があります。
この4つの項目は、必ず総合トップページに掲載して欲しいと思います。
情報の掲載位置ですが、これは見込み客がスクロール無しで見ることが出来る1024×768ピクセルの画面内に掲載するようにしてください。
1024×768ピクセルの画面内に4つの項目を掲載する理由は、ユーザーは総合トップページを見るためにスクロールをしてくれるとは限らないからです。
ユーザーが情報を見るためにスクロールしてくれるかわからないため、スクロール無しで見られる範囲内に、盛り込めるだけ情報を盛り込まなければならないのです。

PAGE TOP