HOME -> SEO用語解説 > 総合トップページで情報を分類する

SEO用語解説 - そ

このエントリーをはてなブックマークに追加

総合トップページで情報を分類する

サイトを売れるサイトにするために、総合トップページで情報を分類して欲しいと思います。
商品やサービスが売れるサイトとは、情報を探しやすいわかりやすいサイトのことです。
ですから、情報を分類して総合トップページをわかりやすいものにすることは、サイトを売れるサイト化するために必要なステップになります。
情報を分類するときには、ユーザーに探し方を提案するという気持ちで分類すると良いでしょう。
ユーザーは総合トップページを見て、情報を探そうとします。
しかし、その探し方はユーザーの状況や考え方で変わって来ます。
探し方は一種類ではないのです。
様々な探し方に対応するためには、あらゆる探し方を提案することが必要になってきます。
このことから、情報を分類するときには、一種類ではなく、何種類か必要になってくることがわかります。
たとえば、「商品をジャンルごとにわけて個別ページへリンクを張る」「ブランド別に商品をわけて個別ページへリンクを張る」「商品のランキングを作って個別ページへリンクを張る」などです。
このように、情報をいくつもに分類することでユーザーは情報を探しやすくなります。
情報を分類し、ユーザーに探し方を提案することが、総合トップページに総合メニューを作ることになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP