HOME -> SEO用語解説 > YSTがアルゴリズムを変動させる理由

SEO用語解説 - や

YSTがアルゴリズムを変動させる理由

YSTとは、どのようなものなのでしょうか。
これは、2005年に導入されたYahoo!検索のロボット検索エンジンのことになります。
YSTはユーザーにとって有益なサイトを上位表示させるために、高度で複雑に絡み合ったアルゴリズムを進化させながら、現在まで検索結果を変化させ続けています。
YSTはアルゴリズムを大変動させることがありますが、特に2007年12月6日のアルゴリズムの変動はとても大きなもので、同じテーマのページから多くのリンクをされているサイトが検索で上位表示されるようになりました。
同じテーマのページからのリンクが多いサイトが上位表示されるというのは、2005年末までSEO対策として効果があった手法で、2年ぶりに復活したことになります。
このように、Yahoo!検索はアルゴリズムを進化させることで、検索結果を激しく変動させています。
これは、YSTをユーザーが利用したときに、ユーザーにとってためになるサイト、有益なサイトが上位に表示されなければ、Yahoo!JAPAN自身がユーザーの信頼を失ってしまうという考えに基づく行動と言えます。
ユーザーの信頼を揺るぎないものにするために、Yahoo!検索は検索結果を常に変動させているのです。

PAGE TOP