HOME -> SEO用語解説 > YSTのアルゴリズムの変化を考える

SEO用語解説 - や

このエントリーをはてなブックマークに追加

YSTのアルゴリズムの変化を考える

2005年に導入されたYST(Yahoo! Search Technology)は、Yahoo!検索のロボット検索エンジンです。
ユーザーのためになるサイトを上位表示させるために、YSTは高度で複雑に絡み合ったアルゴリズムを進化させながら、現在までその検索結果を変動させ続けています。
2005年当初は、サイトの中にたくさんのキーワードを入れることが、YSTで上位表示されるための条件でした。
Yahoo!カテゴリに登録されていることも、上位表示に大きく貢献していました。
より多くの他サイトのトップページからリンクされているサイトが上位表示されるようになるのは、2007年4月です。
それから4ヶ月後の2007年8月、古いサイトからのリンク、特に5年以上前からネット上に存在しているサイトからリンクされたサイトが上位に表示されるようになりました。
様々なIPアドレスからのリンクが多いサイトが上位表示されるようになったのは、2007年10月のことです。
そして、2007年12月に、同じテーマのサイトからのリンクが多いサイトが上位表示されることになります。
2008年1月までだけでも、YSTのアルゴリズムはこれだけの進化をしてきました。
この変化に対応していくことが出来なければ、YSTのSEO対策は難しくなってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP