HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告のタイトルを工夫する

SEO用語解説 - り

リスティング広告のタイトルを工夫する

リスティング広告を出すためには、まず、キーワードを選定しなければいけません。
キーワードの選定が終わったら、次に広告のタイトルを付ける必要があります。
広告のタイトルは、スモールキーワードから選定した欲望系キーワードと商品名、サービス名の組み合わせから考えると良いでしょう。
「欲望系キーワード+製品名」「欲望系キーワード+サービス名」などです。
広告が表示された際に、欲望系キーワード部分で商品やサービスがどのようなものかを解説するイメージでタイトルを付けて欲しいと思います。
たとえば、「冷え性に効く【商品名】」というような具合にタイトルを付けてください。
欲望系キーワード以外では、スモールキーワードから選定したニッチキーワードもタイトルに組み入れることが出来ます。
業界では知られている製品名やサービス名などのニッチキーワードをタイトルとしてつけて欲しいのですが、商品名やサービス名が長い場合のことを考えておくことがポイントになります。
商品名やサービス名が長いものの場合には、短めの製品名やサービス名を用意しておいてください。
広告タイトルは、欲望系キーワードやニッチキーワードを取り入れ、工夫したものを付けて欲しいと思います。

PAGE TOP