HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告でロングテールを狙う際の注意点

SEO用語解説 - り

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告でロングテールを狙う際の注意点

人気のあるビックキーワードというのは、単価が高いこともあり、広告費に余裕がなければ長期に渡って広告を出すことが出来ません。
しかし、スモールキーワードならば、単価が安く、長期に渡って広告を出すことが出来ます。
スモールキーワードでは、成約に結びつかないと考えている人がいるかもしれませんが、スモールキーワードでも成約に結びつけることが出来ます。
他の広告主がピックアップしないスモールキーワードをたくさん出稿することでユーザーの目にとまりやすくなるため、成約に結びつけることが出来るのです。
このようなロングテールのキーワード戦略を行う場合には、注意点があります。
それは、スモールキーワードを選択する際に、限定した狭いマーケットで商品やサービスの成約に結びつくものを選ぶということです。
また、過去に設定したことのあるスモールキーワードがある場合には、そのキーワードの成約率をチェックすることも大切です。
スモールキーワードを利用してたくさん広告を出稿すると言っても、これといった考えもなく出稿していると成約に結びつけることが出来ません。
狭いマーケットで良いので、成約に結びつくキーワードを選ぶことが大切です。
キーワードを選んだ後は、長期間リスティング広告を出し続けることで効果が出ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP