HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告のキーワード戦略

SEO用語解説 - り

リスティング広告のキーワード戦略

リスティング広告を利用していて気になることは、出稿キーワードのうち成約に結びついているものがどれだけあるかでしょう。
成約に結びつかなければ広告を出している意味がありませんから、これは誰でも気になるものであると言えます。
リスティング広告では、コスト面でも成約面でもキーワードの選び方が重要になってきます。
そのため、人気のあるビックキーワードを選びたくなりますが、スモールキーワードでも成約に結びつけることが出来ます。
これは、他のショップ運営者がピックアップしないスモールキーワードを選び、たくさん出稿するというものです。
このようなキーワードの選び方と出稿の仕方をすることで、広告が多くのインターネットユーザーの目にとまり、成約に結びつけることが出来ます。
これは、ロングテールと呼ばれてる概念です。
ロングテールは、インターネット上のあるショップでベストヒット商品の販売額よりも、ニッチ向け商品の販売額の方が高くなったという現象のことです。
リスティング広告を利用する際には、ロングテールのキーワード戦略を採用することも方法の一つになるでしょう。
単価の安いスモールキーワードを使うことで長期間広告を出すことができ、ロングテール効果を実感出来るはずです。

PAGE TOP