HOME -> SEO用語解説 > アドワーズ広告のサイトターゲットを活用する

SEO用語解説 - あ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アドワーズ広告のサイトターゲットを活用する

アドワーズでは、「サイトターゲット広告」というタイプの広告を利用することが出来ます。
これは、クリックで課金されるタイプの「キーワードターゲット広告」とは違います。
サイトターゲット広告は、広告が表示された回数によって料金が変わってくるというものです。
Googleネットワークの中から広告を出すサイトの言語やテーマを選択肢して、広告を表示させるため、ジャンルやカテゴリを絞り込んで広告を出したいときに効果的な広告になります。
たくさんのユーザーに対して既存ブランドや新製品をアピールしたい場合や、特定のユーザーを対象にして小規模ネットショップの広告主が広告表示をさせたい場合に有効な広告と言えるでしょう。
サイトターゲット広告では、サイトの指定された広告スペースに広告が表示されるのですが、人気のあるサイトを選択した場合には、高額料金を掲載料として設定することになります。
広告は、テキスト広告、イメージ広告、アニメーションイメージ広告の中からタイプを選んで表示させます。
この中のイメージ広告は、さらに5つのフォーマットから広告を選択することになります。
サイトターゲット広告は、キーワードターゲット広告とは違った効果を狙って使用することが出来る広告と言うことが出来ると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP