HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告の登録価格

SEO用語解説 - り

リスティング広告の登録価格

リスティング広告の広告費は、表示された広告をユーザーがどれだけクリックしたかによって変わって来ます。
それは、課金単位がクリック数だからです。
しかし、広告費に関わってくるものはクリック数だけではありません。
クリック単価も問題になってきます。
リスティング広告は、ユーザーが求めているキーワードを考え、それに合致するキーワードを登録することでクリック数を増やすことが出来ます。
しかし、目標として設定したキーワードがビックキーワードだった場合、キーワードの広告掲載価格が高くなってしまうのです。
誰でもユーザーが求めているキーワードを登録したいと考えるため、リスティング広告を利用する場合はビックキーワードを登録したくなります。
ですが、ビックキーワードを登録するとコストがかかってしまうという問題があるのです。
リスティング広告は、登録するキーワードがどんなものかによってコストが左右されるだけでなく、結果も左右されてしまう広告システムと言えるでしょう。
リスティング広告をコストを抑えて利用するためには、ニッチなもので集客効果のあるキーワードを選ぶことがポイントになってくると思います。
ビッグキーワードを狙うよりも、なるべくニッチで効果があるキーワードを探してみてください。

PAGE TOP