HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告の仕組み

SEO用語解説 - り

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の仕組み

現在、インターネット広告の主流となっているものは、リスティング広告だと言うことが出来ると思います。
リスティング広告の利用者は、この数年間でそれだけ増えています。
では、インターネット広告の主流となっているリスティング広告とは、どのような仕組みのものなのでしょうか。
リスティング広告は、利用したことのない人間からするとわかりにくいものです。
しかし、一度仕組みを理解してしまえば、それほど難しいものではありません。
簡単に言うと、クリック数で広告の料金が決まるシステムと言えるでしょう。
リスティング広告を利用する場合、まずリスティング会社に目標とするキーワードを料金を払って登録することになります。
検索サイトなどを利用しているユーザーがキーワードを入力して検索した際に、あなたが目標として登録したキーワードに合致すると、検索結果の上部にあなたの広告が表示されることになります。
広告費は、ユーザーがクリックした数によって決まります。
リスティング広告のメリットは、ユーザーが関心を持っているキーワードと連動して広告が表示されることから、ランダムなバナー広告に比べて効果が出やすいことです。
ユーザーが関心を持っていることに近い広告が表示されるので、広告に興味を持つユーザーが多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP