HOME -> SEO用語解説 > インターネット広告の主な種類

SEO用語解説 - い

インターネット広告の主な種類

最初はネットショップの運営が上手くいかなくても、集客出来るサイトを作り、コツコツとサイトを改善していくことでサイトが儲かるサイトへ変わっていきます。
サイトが儲かるサイトになり、コスト的な余裕が出てきたときには、インターネット広告を利用したいと考えるのではないでしょうか。
しかし、インターネット広告にはいくつか種類があるため、どの広告を利用すれば良いのかわからないということがあります。
そこで、インターネット広告にはどのようなものがあるか紹介しましょう。
インターネット広告には、「モバイル広告」「Eメール広告」「コンテンツ連動広告」「リスティング広告」「ウェブ広告」などの種類があります。
「モバイル広告」は、携帯電話向けの広告サービスです。
ウェブ広告には、「バナー広告」「テキスト広告」「リッチメディア広告」「企画広告」が含まれます。
「リスティング広告」の主流は、オーバーチュアとGoogle Adwordsの2社であり、検索連動広告と呼ばれているもののことです。
「コンテンツ連動広告」も、「リスティング広告」の一種と言うことが出来ます。
これまでインターネット広告は、「ウェブ広告」が主流でした。
しかし、現在は「ウェブ広告」から「リスティング広告」に主流が変わってきています。

PAGE TOP