HOME -> SEO用語解説 > ニッチなキーワードでロングテールを狙う

SEO用語解説 - に

ニッチなキーワードでロングテールを狙う

検索キーワードを調査する際に、オーバーチュアのキーワードアドバイスツールなどを利用することがあると思います。
このようなツールを利用すると、ビッグキーワードに付随して表示されるキーワードがあります。
この付随して表示されるキーワードであるスモールキーワードというのは、ロングテールを狙う上で非常に重要なものです。
ロングテールとは、大ヒットすることがなくても確実に利益や売上アップに繋がる効果が出るというものですから、ビジネスを行う上で重要なものでしょう。
スモールキーワードの中に、他の業種では認知されていないが業界内的には認知度が高いキーワードがあります。
こういったニッチであるが、確実にユーザーがいるという市場にあったキーワードを利用することがロングテールを狙う上で大切になってくるのではないかと思います。
たとえば、「チオクリーン」というものがあるのですが、これはある業界にいなければなかなかどんなものかわからないキーワードです。
チオクリーンとは特殊線維の名称なので、繊維業界では認知度が高いキーワードになります。
チオクリーンのようなキーワードがニッチキーワードになりますので、こういったタイプのキーワードを見つけることがロングテールを狙う際に重要になると言えるでしょう。

PAGE TOP