HOME -> SEO用語解説 > 検索ビギナーとは

SEO用語解説 - K

検索ビギナーとは

インターネットを始めたばかりというユーザーは、検索ビギナーになります。
検索ビギナーには、検索の傾向というものがあります。
その傾向とは、どのようなものだと思いますか?
検索エンジンで検索をする際、誰でもキーワードを入力します。
このキーワードがビッグキーワードになってしまうということが、検索ビギナーの傾向と言うことが出来ると思います。
たとえば、インターネットを始めたばかりだという人は、「温泉へ行きたいから、温泉について調べよう」と思ったときに、検索キーワードとして「温泉」と入力することが多いのです。
行きたい温泉が「箱根」であったとしても、検索エンジンには「温泉」としか入力しない傾向があります。
インターネットに慣れたユーザーの場合は「温泉」「箱根」と入力することが多いのですが、検索ビギナーは「箱根」と入力するところまでたどり着いていない状態だと言えるでしょう。
これは、インターネット経験が浅いため、「温泉」だけではなく「箱根」というキーワードをプラスすることで「箱根の温泉」について検索出来ることに気がつかないのです。
検索ビギナーというのはたくさんいますから、そのたくさんのユーザーが使うビッグキーワードで検索結果表示上位を狙いたいと思うかもしれませんが、ビッグキーワードは競争率が高いので注意しなければいけないでしょう。

PAGE TOP