HOME -> SEO用語解説 > コンテンツをページごとに絞り込む

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツをページごとに絞り込む

focus.png

1つのページの中に、複数のテーマのキーワードがあることは良くない効果を生みます。


複数のテーマのキーワードが同じページの中にあると、上位表示されにくくなってしまうのです。


たとえば、あなたが「金魚」というキーワードで上位表示を目指しているとします。

このとき、1つのページ中に金魚の情報だけでなく、健康食品や洋服など様々な商品情報があると検索エンジンの検索結果で上位表示されにくいという結果になってしまいます。


上位表示を達成するためには、1つのページの中を金魚という情報だけで構成しなければいけません。
これは、ロボット検索エンジンだけではありません。


人間が見ても同じでしょう。

1つのページ中に金魚や健康食品、洋服などの情報がごちゃごちゃと掲載されていたら、「一貫性のない不思議なネットショップだ」と感じてしまい、そのネットショップで商品やサービスを購入しようとは思わないはずです。


1つのページに複数の情報が掲載されていることは売上に響くことでもあるので、「1つのページには1つの商品やサービス」という原則を忘れないようにしてください。


特定のキーワードで上位表示を狙っている場合、1つのページ内で様々なジャンルの商品を扱わないように注意してください。


【コンテンツマーケティングの必要性】

サイトに人が来ない理由を考える - コンテンツマーケティングの必要性

集客出来るコンテンツ

集客出来るコンテンツのタイプとは

集客出来るコンテンツを作る注意点

集客出来るコンテンツの種類別の注意点

サイトコンテンツのシナリオ作り

マーケット・インのコンテンツ

他人から評価されるコンテンツ

コンテンツをページごとに絞り込む


このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP