HOME -> SEO用語解説 > ページ上部にキーワードを使用する

SEO用語解説 - へ

ページ上部にキーワードを使用する

YSTが最も重要視する箇所とは、どこになるのでしょうか?
これは、本文中では一番上の部分になります。
1行目、2行目のあたりをYSTは最も重要視します。
この部分にキーワードを意識的に入れることが非常に大切になってきます。
文章の一番初めの文頭にキーワードを入れることができるとより効果的です。
これは、トップページだけではなく、すべてのページに行うように徹底してください。
キーワードを入れる際は、単にキーワードを入れるのではなく、なるべく大きな文字で表現してください。
1行目、2行目の目立った部分にキーワードがあり、なおかつ最も大きな文字で書いてあるものをYSTは重要だと考えます。
「そこに含まれている言葉は重要だろう」「ページの要旨だろう」と、YSTが捉えるので重要度が高いのです。
使用するタグは「H1」タグである必要はありません。
フォントサイズがそのページの中で一番大きなものになるようにしてください。
「H1タグ」を使い、スタイルシートによって強制的に小さな文字にするというテクニックがありますが、このテクニックが将来的にどうなるかは誰にもわかりませんから、できるだけサイトの趣旨にあったキーワードを入れましょう。

PAGE TOP