HOME -> SEO用語解説 > 最初から広告を出すという考え

SEO用語解説 - さ

最初から広告を出すという考え

サイトを立ち上げた当初は人が来ないものです。
立ち上げたばかりのときから、いきなり人がどんどん来るサイトというのはほとんどありません。
しかし、最初は人が来ないものだと考えて、そのままサイトを放っておくわけにはいかないでしょう。
何らかの対策を立て、実行しなければいけません。
そこで、多くの人が「広告費を出していないから人が来ない。広告を出して人を呼ぼう」と考えるのではないでしょうか。
広告を出して人を呼ぼうという考え方は、常識的な考え方と言えるでしょう。
リアルの世界では、お店をオープンしたら折り込み広告や雑誌広告を利用して集客します。
広告を使って集客することはビジネスの常識ですから、人が来ないサイトに人を呼ぶために広告を出そうというのは自然な考え方なのです。
ですが、インターネットの世界のビジネスにそれが当てはまるのでしょうか。
インターネットの世界で初めからネット広告に手を出してしまった人の多くは、来訪者が増えたのは広告を掲載している間だけという結果に落胆することになります。
これは「瞬間的なもの」「人工的な現象」のため、最終的には売上が増えなかったり、赤字に陥ったりしています。
リアル世界の常識は、インターネットの世界でも常識とは限らないのです。

PAGE TOP