HOME -> SEO用語解説 > ページ内キーワードの比率

SEO用語解説 - へ

ページ内キーワードの比率

ページ内のキーワードの比率というのは、特定のページ中にどのような単語やフレーズが何回書いてあるのかや、すべてのテキストを見た際に、それぞれの単語やフレーズが何%占めているのかのことです。
これは、キーワードの出現率と呼ばれる重要な内部要素です。
目標キーワードがページ中にどの程度登場するかという出現頻度や、他の単語、フレーズの回数などを増減することで検索順位が変わってきます。
キーワードの比率によって、検索順位が上がることもあれば下がることもあるため、しっかりと調整しなければいけません。
Googleに比べるとYahoo!検索は、キーワード出現頻度を詳しく見ています。
YSTがキーワードの比率を適切な比率だと認めてくれた場合には、高い評価を得ることができ、検索結果で上位表示されるようになります。
しかし、この比率が多すぎたり、少なすぎたりというYSTが適切な比率だと認めないものだった場合、検索順位が下げられます。
場合によっては、検索結果に表示されないこともあります。
キーワードの比率は、ときにはペナルティが与えられるほど厳しいものなのです。
Yahoo!検索に表示されないことがあればそれは大きな損失ですから、ペナルティを受けることがないようにしなければならないでしょう。

PAGE TOP