HOME -> SEO用語解説 > キーワード近接ペナルティとは

SEO用語解説 - き

キーワード近接ペナルティとは

Yahoo!検索のアルゴリズムが2007年11月に変更になった際に、ある行為に対してペナルティが与えられるようになりました。
ある行為というのはキーワード近接度が高いというもので、この行為があった場合にキーワード近接ペナルティが与えられます。
では、このペナルティとは、どのようなペナルティなのでしょうか。
トップページに目標キーワードを極端にたくさん書いてしまい、目標キーワード同士の距離が近すぎる記述が連続した際に、Yahoo!検索にトップページがヒットしなくなるペナルティが与えられるというものです。
トップページというのは通常index.htmlというファイルになり、表紙にあたるページです。
目標キーワードと目標キーワードの間が問題になっており、キーワード同士が近くに書いてある場合にペナルティが与えられるのです。
たとえば、「英語なら英語学習の○○英語塾へ」という書き方です。
このようなものは、英語というキーワードが近接していると見なされます。
この変更により、キーワード間を空ける工夫が必要になりました。
キーワードが近接していないかをチェックし、近すぎる場合はキーワード同士に距離を出すために、キーワードを削除する、別のキーワードを含んだ文章を加えるなどしてください。

PAGE TOP