HOME -> SEO用語解説 > トップページリンクの有効性の低下

SEO用語解説 - と

トップページリンクの有効性の低下

自分のサイトのトップページへ、どのようなサイトからでも良いので他のサイトのトップページからリンクを張ってもらうというテクニックがありました。
これはトップページリンクというもので、このテクニックを使えば、簡単にYahoo!検索で上位表示されていました。
自分のサイトのトップページへ、複数のサイトのトップページからリンクを張ってもらうだけという手軽なテクニックでしたが、2007年8月にYahoo!検索のアルゴリズムが変更になった際に、このテクニックの効果が小さくなりました。
現在、トップページリンクの有効性は低下していますが、まだトップページからのリンクは効果があります。
しかし、アルゴリズム変更前ほどの効果はありません。
トップページリンクのかわりに効果を発揮するようになったものは、古いサイトからのリンクです。
リンク元の数は少なくても、古いサイトからリンクを張ってもらうことで、上位表示させることができるようになりました。
この変更は、サイト運営者にとって厳しいものだと言えます。
それは、古いサイトからリンクを張ってもらうことが難しいことだからです。
上位表示を達成させるために必要なものが、トップページリンクという手軽なものではなく、古いサイトからのリンクという難易度の高いものになったのです。

PAGE TOP