HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!検索アルゴリズム進化の歴史

SEO用語解説 - Y

Yahoo!検索アルゴリズム進化の歴史

Yahoo!検索のアルゴリズムに変更があり、検索結果が大きく変わったことは、今までに何度もあります。
アルゴリズムが激変し、検索結果に大きく影響を与えると、Yahoo!検索SEO対策をやり直すことになりますから、サイトを運営している側からするとアルゴリズムに変更があるということは大変なことです。
ロボット検索エンジンYSTが開発されたばかりの頃は、SEO対策を行って検索結果で上位表示させることは比較的簡単なことでした。
しかし、ロボット検索エンジンYSTは年々進化していき、SEO対策が難しいものになってきています。
この進化のスピードはかなり早いものです。
ロボット検索エンジンYST進化の歴史は、大きく5つに分けることができるでしょう。
まず、2006年4月と12月にアルゴリズムに変更がありました。
これは、大規模サイトと専門サイトを高く評価するというものでした。
2007年8月には日本語ドメインの優位性が消え、古いサイトからのリンクを評価するようになりました。
2007年11月にキーワードの近接にペナルティ、2007年12月にはテーマが同じページからのリンクを高評価、2008年4月にはIPアドレスが違うサイトからのリンクを評価するというように、YSTは大きな変化を見せています。

PAGE TOP