HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!SEO対策とGoogle SEO対策の傾向

SEO用語解説 - Y

Yahoo!SEO対策とGoogle SEO対策の傾向

Yahoo!検索はサイトを評価する際に、内部要素7割、外部要素3割という重要度で判断していると考えられます。
Googleは内部要素を2割、外部要素を8割という重要度で判断していると考えられますから、Yahoo!は内部要素を重要視する傾向にあり、Googleは外部要素を重要視する傾向にあると言えます。
Yahoo!検索で検索順位を上げたい場合、まず内部要素で最低限の評価を得るようにしてください。
その後、外部要素で高い評価を獲得することを目指して欲しいと思います。
このように、Yahoo!検索とGoogleでは評価の傾向が違いますから、Yahoo!検索のSEO対策が得意な人とGoogle SEO対策が得意な人に分かれます。
Yahoo!検索SEO対策が得意な人は、外部リンクを増やすことは苦手だが、文章を書くことが得意、オリジナルコンテンツを書くことが得意という人が多いようです。
Google SEO対策が得意な人は、内部要素の調整は苦手だが、外部リンクを増やすことが上手いという人が多いという傾向があります。
しかし、Yahoo!検索とGoogle、どちらのSEO対策も得意だという人はあまりいません。
評価の違いが得意不得意を生んでいるのだと考えられるでしょう。

PAGE TOP