HOME -> SEO用語解説 > リンク元のサイトの質から評価する

SEO用語解説 - り

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク元のサイトの質から評価する

YSTがサイトを評価する基準の一つにリンクがあります。
これは、リンクの数でサイトを評価するというものです。
リンク元の数が多ければ、たくさんのサイトからリンクされている人気のサイトだとYSTから判断されて、検索順位を上げることができます。
しかし、数だけでサイトの質を評価していると、自分でドメインネームを取得してサイトを作り、そこからリンクを張るという自作自演を行うことによってリンク数を増やしたサイトにも高評価を与えることになるので、リンク元のサイトの質も評価するようになりました。
YSTは様々な角度からリンク元のサイトの質を評価し、質が高いとYSTが認めたサイトからのリンクを高く評価します。
反対に、質が高いと認められなかったサイトからのリンクは低い評価になります。
YSTはリンクの数を評価するだけでなく、リンク元の評価を分けるようになったのです。
この結果、YSTから評価が低いと判断されたサイトからどれだけリンクを張っても、検索順位はあまり上がらないようになりました。
検索順位を上げるためには、良質なサイトからリンクを張ってもらう必要があるのです。
今まではリンクの数を増やすことだけを考えてきたかもしれませんが、これからはリンク元の質も考えて欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP