HOME -> SEO用語解説 > YSTでの外部サイトリンク数の評価

SEO用語解説 - Y

YSTでの外部サイトリンク数の評価

リンクは人気度を測定するものだと考えることが出来ます。
YSTも、あなたのサイトがどのくらいのサイトからリンクされているかを気にしています。
あなたのサイトのリンク元の数が多ければ、YSTは「たくさんのサイトからリンクされているあなたのサイトは、とても人気が高いサイトだ」と考え、サイトを高く評価してくれます。
サイトを高く評価するということは、検索順位が上がるということですから、リンク元の数が多ければ多いほど良いと言うことになります。
しかし、このように数だけで考えていくと、多数決で数が多い方のサイトが検索順位が高くなるということになってしまいます。
このような評価方法を完璧だと思いますか?
リンク元の数だけとにかく増やすという行為は、実際にSEO対策として行われてきました。
現在も、色々なドメインネームを取得し、サイトを複数作って、そこから上位表示を目指しているサイトにリンクを張るという自作自演リンクは一定の効果があるものです。
ですが、このような人気を演出する方法に対して、検索エンジン会社側が対策を講じるようになりました。
これは、検索エンジン会社側も、多数決の論理で検索順位を決めるという評価方法を完璧だと考えていない現れだと言えるのではないかと思います。

PAGE TOP