HOME -> SEO用語解説 > 商品に触れることが出来るショールームの設置

SEO用語解説 - し

商品に触れることが出来るショールームの設置

ネット販売は万能ではありません。
ネット販売ならではの弱点もあります。
それは、インターネット上の説明だけではすべてが伝わらないというものです。
勝負ページに写真を掲載しても、どれだけ詳しく説明しても100%の情報を伝えることは不可能に近いことでしょう。
このネット販売の弱点を補うものがショールームです。
もし、ショールームを設置することが出来る場合には、ショールームを設置することをお勧めします。
実際に商品に触れることが出来るショールームは、ネットではわからない商品の魅力を伝えられるものです。
ショールームがある場合は、勝負ページ上でショールームがあることをユーザーに伝えてください。
勝負ページの最終アクションになるものには、「申し込み」「資料請求」「見積もり依頼」などがありますが、ショールームがある場合にはショールームも最終アクションの選択肢の一つになります。
ショールームを設置する資金が足りないという場合には、セミナー会場などを借りて商品の展示即売会を行うというのも一つの方法です。
ショールームとコンテンツを組み合わせることで成約率を高めることが出来ますから、実際に商品に触れることが出来るショールームを設置出来る場合には設置して欲しいと思います。

PAGE TOP