HOME -> SEO用語解説 > ありきたりの呼び名はやめる

SEO用語解説 - あ

ありきたりの呼び名はやめる

自分自身のことをサイトで呼ぶ場合に、大抵の方は「店長」「社長」「スタッフ」などと呼んでいると思います。
しかし、このような呼び方には個性が感じられません。
「店長」や「社長」という呼び方は、社内的なもので内輪の呼び方と言えます。
「スタッフ」という呼び方からは、どのような人物かを想像することが出来ず、顔のない人のようにも感じられます。
サイトで自分自身のことをどのように呼ぶかで、信頼感が変わって来ます。
呼び名の中には信頼感を強くアピール出来るものがありますから、呼び名を工夫して欲しいと思います。
信頼感を得られる呼び名として考えられるものに「アドバイザー」があります。
産地直送品を販売しているサイトなら、自分自身のことを「産直アドバイザー」と呼んでみると、ユーザーからの信頼感が違います。
「産直アドバイザー」という呼び名を見たユーザーは、「この人は産地直送品に詳しい人だな」と感じるでしょう。
これは、「店長」や「社長」という呼び名からは感じることのできないものです。
このように呼び名は大切なものですから、信頼感をアピール出来る呼び名を考えて欲しいと思います。
「コンサルタント」「カウンセラー」「達人」など、信頼感をアピール出来る呼び名はたくさんあります。

PAGE TOP