HOME -> SEO用語解説 > 大企業がライバルになるインターネット

SEO用語解説 - お

大企業がライバルになるインターネット

現実社会では、大企業の方が中小企業よりも圧倒的に有利な立場に立っています。
これは、多くの資本を投下出来る企業の方が力が強いため、より多くの資本を投下することのできる大企業の方が有利になるからです。
しかし、インターネットの世界は違います。
インターネットでも、多くの資本を投下出来る企業が有利ではありますが、現実社会ほど大きな差はないと考えられますから、低資本の中小企業でも大企業と競うことが出来るのです。
現実世界よりも差の小さなインターネットでは、どのような企業も大企業と競って顧客を争奪することが出来ます。
工夫次第で大企業から顧客を奪うことが出来るのですから、あなたのライバルは大企業と考えることができるでしょう。
インターネットでは、大企業とサイトという同じ土俵で戦います。
これは、ユーザーから中小企業も大企業レベルのクオリティが要求されるということです。
サイトをクオリティの高いものにしていけば、大企業との差が縮まるでしょう。
ユーザーは、大企業であるか、中小企業であるかを気にするよりも、信頼出来るショップから商品やサービスを購入したいと考えるはずです。
大企業と戦うために、サイトに信頼感を創出するようにして欲しいと思います。

PAGE TOP