HOME -> SEO用語解説 > 売り手の姿や顧客の姿を掲載する際の注意点

SEO用語解説 - う

売り手の姿や顧客の姿を掲載する際の注意点

人の姿が見えるショップと見えないショップがあった場合、ユーザーはどちらで商品を購入したくなると思いますか?
大半のユーザーは、人の姿が見えるショップで商品を購入したいと考えるでしょう。
売り手の姿や顧客の姿を写真に撮り、それを掲載することで、存在感を演出することができ、ユーザーから信頼を得やすくなります。
売り手の姿や顧客の姿が見えないショップよりも見えるショップの方が、ユーザーは安心するものなのです。
しかし、とにかく写真を掲載すれば良いだろうという考え方はやめてください。
写真を掲載する際には、注意して欲しいことがあります。
まず、売り手側の写真を免許書などの証明写真のようなものにしないで欲しいと思います。
仕事をしている姿など、遠くから撮影したもので十分ですから、わざとらしい写真にならないようにしてください。
そして、写真はしかめっ面ではなく、笑顔の写真を掲載するようにしましょう。
不機嫌そうな顔より、にこやかな顔の方が第一印象が良くなります。
最後に、マスコットキャラクターを使用している場合ですが、安っぽいマスコットキャラクターを採用しないようにしてください。
あまりに安っぽいマスコットキャラクターだと、マイナス効果になってしまう可能性があります。

PAGE TOP