HOME -> SEO用語解説 > 商品やメニューを整理する

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やメニューを整理する

商品やサービスがたくさんあると、ユーザーがどの商品やサービスを選んで良いのかわからなくなる場合があります。
ユーザーは「お勧めの商品やサービスはどれだろう?」と考え、たくさんある商品やサービスの中から選ぶことができなくなってしまうのです。
商品やサービスがたくさんあると、勝負ページ自体が複雑になり、商品やサービスの内容がわかりにくくなってしまいます。
複雑なページはユーザーにとって良いページとは言えませんから、サイトを整理し、ユーザーが商品やサービスを選びやすいページにしなければいけません。
どのようにすれば、複雑なページがわかりやすいページになるのかですが、わかりやすいページにするには、商品やサービスごとに勝負ページを用意すると良いでしょう。
複雑さを解消することができ、わかりやすいページになります。
ポイントは、勝負ページを一つの商品やサービスに絞ったものにすることです。
商品やサービスがたくさんあれば、選択肢が増えてユーザーが喜んでくれるだろうと思うかもしれませんが、たくさんあることによってわかりにくくなることもあります。
商品やサービスが多すぎることは、迷いを生みます。
どれにしようかと迷っているうちにユーザーが他のページに行ってしまうことも考えられますから、あれもこれもと欲張りすぎないようにして欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP