HOME -> SEO用語解説 > USPを掲載する場所

SEO用語解説 - U

USPを掲載する場所

勝負ページにUSPを掲載する際に、USPが効果的に見える場所はどこになるのでしょうか。
USPはユーザーのメリットです。
勝負ページの情報量が多い場合は、ユーザーは上から下へ画面をスクロールすることになります。
画面をスクロールしながらページを読み進めていくと、ユーザーは「あれ?このネットショップで購入するメリットは何なのだろう?」とページ中に書いてあったメリットを忘れてしまいます。
このようなことを防ぐために、USPは勝負ページの最後に掲載しましょう。
最後の方にまとめてメリットを書くことで、ユーザーが「このネットショップで購入するメリット」をしっかりと認識してくれるようになります。
USPは、ユーザーのメリットを意識したものにすることがポイントです。
USPを勝負ページの最後の方に掲載することで、ユーザーにメリットを訴えかける力が強くなり、商品やサービスの購買率が上がります。
メリットは、わかりやすいものになるようにしてください。
わかりやすさを強調するために文章だけでなく、画像を使っても良いでしょう。
ビジュアルを利用することで、メリットが整理でき、わかりやすくなります。
掲載する場所も大切ですが、USPの内容も大切なものですから、両方に注意してUSPを掲載して欲しいと思います。

PAGE TOP