HOME -> SEO用語解説 > 生産地で差別化する

SEO用語解説 - せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

生産地で差別化する

生産地が絡んだ事件で記憶に新しいものが産地偽装食品です。
産地を偽装することは悪いことですが、わざわざ企業が産地を偽装した理由は、産地を偽装した方が食品が売れるからです。
ここからわかることは、商品を生産する地域というのは商品を販売する上での武器になるということです。
生産地をアピールすることは、ライバル社との差別化の手段として有効だと言えます。
競合他社と差別化を図ることは、商品を販売するために重要なことです。
しかし、中には差別化が難しい業界もあります。
そんなときには、生産地や地域に目を向けてみてください。
視点を変えることで、差別化できないと考えていたものも差別化することができます。
たとえば、「夕張メロン」「魚沼産コシヒカリ」といったものです。
人気のある地域の食品というのは、売れやすいものです。
生産地を武器に、差別化を図ることで商品の販売力をアップさせることができるでしょう。
扱っている商品の環境を考え、差別化を図ってください。
商品だけでなく、サービスも地域限定のサービスという視点で考えることで、差別化を図ることができます。
温泉やスキー場など、地域が武器になるサービスはたくさんありますから、自社のサービスが地域を武器に出来るものか考えて欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP