HOME -> SEO用語解説 > 勝負ページはコミュニケーションの場

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝負ページはコミュニケーションの場

誰でも、勝負ページは商品やサービスを販売する場所だと考えるでしょう。
商品やサービスを販売するために勝負ページを作っているわけですから、そのように考えるのは当たり前のことです。
しかし、勝負ページを商品やサービスを販売するだけの場所だと考えているようでは、成約率を上げていくことが出来ません。
成約率を上げるためには、販売者に思いやりや優しさが必要です。
ユーザーを気遣い、ユーザーの気持ちをくみ取っていくことで、成約率が上がっていくのだと考えることが出来ると思います。
そこで、勝負ページはユーザーとのコミュニケーションの場だと考えるようにしてください。
ユーザーと向き合う形で販売するリアル店舗とは違い、ネットショップは優しさを伝えにくいものです。
しかし、勝負ページをユーザーと交流するとためのものだと考えることで、ユーザーを迎えるために必要な表現がどんなものかわかるでしょう。
リアル店舗がユーザーを迎える立場で接客を行っているように、ネットショップも勝負ページにユーザーを迎えるという考えが必要です。
多くのユーザーと勝負ページでコミュニケーションを取っていると考え、思いやりや優しさを勝負ページで表現してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP