HOME -> SEO用語解説 > 勝負ページに足りないもの

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝負ページに足りないもの

勝負ページを作る際に忘れがちなものとは、どのようなものでしょうか?
論理的な説明や数値や事例で商品の素晴らしさを伝えることは、あまり忘れないものです。
しかし、販売者の思いやりや優しさを感じられるようなものを掲載することは、忘れてしまいがちです。
しかし、競争が激しい商品、高価な商品を販売しようと考えているなら、思いやりや優しさは忘れることのできないものです。
思いやりや優しさが足りない勝負ページは、成約率が低いという傾向があります。
成約率を高めるためにも、販売者の思いやりや優しさが感じられる表現は忘れられないものなのです。
販売者というのは、商品説明を自分の論理で行いがちです。
ですが、「相手を気遣うこと」や「相手の気持ちをくみ取ること」を忘れないでください。
自分の論理で商品を説明しているだけでは、人を動かすことはできません。
数値や事例だけでも、人は動きません。
人を動かすためには、思いやりや優しさが必要です。
勝負ページには商品の説明があれば良いと考えたくなりますが、販売者の思いやりや優しさがユーザーに伝わるようなページを作ってください。
商品やサービス提供者の気持ちを伝えることがユーザーを動かすことに繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP