HOME -> SEO用語解説 > 共感要素を生み出す方法

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

共感要素を生み出す方法

ユーザーの共感を得ることは、商品やサービスの購入率をアップさせることに繋がることですから、積極的にユーザーの共感を得るようなコンテンツを作成してください。
しかし、共感できる要素が入っているようなコンテンツを、どのようにして作成すれば良いかわからないという方もいるでしょう。
このような方は、「1.テーマ」「2.絞り込み」「3.テーマと連動」「4.コンテンツ化」という4つのステップを使ってコンテンツを作成してみてください。
まず、ステップ1として、サービスのジャンル内にあるテーマの中から、ユーザーが関心を持っているであろうテーマを探してください。
次にステップ2として、探したテーマの絞り込みを行ってください。
絞り込んだテーマに商品とサービスを絡める作業がステップ3になります。
最後のステップ4で、商品やサービスに絡めたテーマをユーザー目線のコンテンツにしましょう。
この中で、特に重要になるものが「絞り込み」と「コンテンツ化」です。
この2つを意識することが重要です。
ユーザーが感心を持っているテーマを探し出しても、ステップ2で見当違いのテーマを選んでしまうと意味がありませんから、テーマのピックアップの仕方に気をつけてください。
ステップ4では、売り手側の目線にならないようにすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP