HOME -> SEO用語解説 > 日常の小さなドラマを掲載する

SEO用語解説 - に

日常の小さなドラマを掲載する

ユーザーに共感してもらうために効果的な方法が、日常の小さなドラマを掲載することです。
小さなドラマを掲載することは、商品やサービスの説得力を上げることにもなりますから、大切なことです。
本格的なドラマを掲載する必要はありません。
しかし、何故、本格的なドラマではなく小さなドラマで良いのでしょうか?
それは、生き様を綴ったようなサクセスストーリーを掲載すると、テキスト量が多くなりがちだからです。
さらに、生き様を本格的に綴ることで、ユーザーに「重たい」と感じさせてしまうことがあります。
ですが、プチサクセスストーリーのような日常の小さなドラマであれば、テキスト量もそれほど多くなく、ユーザーが「少し読んでみようかな」というような気分になります。
日常が書いてあることにより、ユーザーは「そうなんだ!」と共感しやすくなります。
誰も体験したことがないようなサクセスストーリーの場合は、このようにはいきません。
ちょっと読んでみようかなという気分になるテキスト量ではないでしょうし、誰も体験したことのないような出来事が書かれているわけですから、共感しにくいことが考えられます。
本格的なサクセスストーリーを書かなければいけないと意気込む必要はありません。
ライトな雰囲気のエピソードで十分です。

PAGE TOP