HOME -> SEO用語解説 > ユーザーの本音を見抜く

SEO用語解説 - ゆ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーの本音を見抜く

一般の消費行動の中から、ユーザーの建前を見つけることができます。
それは、「本当に欲しいものは○○だけど、○○を買うのは恥ずかしいから、少し無理をして××を買おう」というものです。
ユーザーは自分を良く見せるために、本当に欲しいものとは違うものを買うことがあるのです。
しかし、インターネットで買い物をする際には、このような体面が必要なくなります。
インターネットでは誰かを気にする必要がないことから、本音の消費ができるのです。
このように本音の消費をするユーザーに向かって、勝負ページで建前の文章を書いても意味がありません。
ユーザーは、うわべだけの文章やキャッチを見抜いてしまいます。
そんなユーザーに対して取り繕った文章を提示しても仕方がないのです。
ユーザーは、商品やサービスの良いところや悪いところを知りたがっています。
それも、建前ではなく本音の意見を知りたいと考えています。
このようなユーザーの本音を見抜き、ユーザーが知りたいと感じていることを勝負ページに反映させてください。
普段から本音を語らない生活をしていることが多いユーザーは、本音に弱いと考えられます。
販売者側が本音を伝えることで、そのようなユーザーの興味を惹くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP