HOME -> SEO用語解説 > 本音を伝える

SEO用語解説 - ほ

本音を伝える

成約率の低いページには、共通するありがちなものがあります。
それは、どのようなものだと思いますか?
実は、成約率が低いページというのは、ページに掲載されている言葉のほとんどが建前なのです。
本音を掲載しているのではなく、建前を掲載しているページというのは、成約率が低い場合が多いのです。
これは、ネットショップだけではありません。
テレビや演説なども、本音ではなく、表面だけ繕ったような話ばかりの場合、ユーザーは興味を持ってくれません。
取り繕った建前は、意味のないものなのです。
売れているサイトの勝負ページを見てください。
そこには、本音が書かれていませんか?
ユーザーの本音を見抜いたサービスや商品を提供してください。
そして、提供者である販売者側の本音をユーザーに伝えてください。
提供者側の本音を見せることは、ユーザーを後悔させないためにも必要なことです。
ユーザーが知りたいものは、販売者側の建前ではありません。
ですから、建前ばかりが並べ立てられた勝負ページを見ても、ユーザーは興味を持てません。
ユーザーに興味を持ってもらうために必要なものは本音です。
本音を伝えていくことが、ユーザーに興味を持ってもらえる勝負ページを作るために必要なことなのです。

PAGE TOP