HOME -> SEO用語解説 > 熱意を伝えやすいページ作り

SEO用語解説 - ね

熱意を伝えやすいページ作り

会社名を紹介しているだけのページや、無難な言い回しばかりのコンテンツでは熱意を伝えることができません。
漠然としたページでは、ユーザーに熱意を伝えることはできないのです。
企業の「売り」になるようなものが感じられないページは、ユーザーに気持ちが伝わりにくいものです。
熱意を伝えるために、まず、自社がどの点に対して熱意を持っているのかをはっきりさせ、それから自社が伝えたいと考えている熱意を的確にページで表現してください。
自社の目的を強調し、断定的なフレーズを使用するようにしましょう。
そして、目的までの経過をレポートなどでユーザーに伝えることで、熱意がわかりやすいものになります。
目的を強調する手段としては、何度も強調するという方法があります。
断定的なフレーズというのは、「必ず」「徹底的に」「業界最長」というようなものです。
目的を強調する手法と断定的なフレーズを使用することは、ユーザーに熱意が見えやすくなることだと思います。
熱意が見えるということは、熱意をユーザーに伝えることができるということでしょう。
このような手法を勝負ページに取り入れ、ユーザーに自社の熱意が伝わりやすい勝負ページにしていってください。

PAGE TOP