HOME -> SEO用語解説 > B2CとB2Bのサポート

SEO用語解説 - ひ

このエントリーをはてなブックマークに追加

B2CとB2Bのサポート

企業と個人間取引であるB2Cと企業間取引であるB2Bでは、ユーザーの問題を解決するサポートに違いが出てくるでしょう。
B2Cの場合は、ユーザーが思っているような結果が得られなかった場合の保証として、90日間返品保証を付けるという方法が考えられます。
商品が気に入らなかった場合には返金するという全額返金保証なども、サポートの一つとして考えられるでしょう。
このように、サポートを付ける場合には、ユーザーが安心出来るようなものを付けて欲しいと思います。
ユーザー相談窓口や相談コーナーなどを設置すると、ユーザーに安心を与えることが出来るのではないでしょうか。
B2Bの場合には、商品やサービスに30日保証や60日保証を付けるなど、何か問題があった場合でもサポートしてもらえるという安心感を与えるようなサポートが望ましいでしょう。
無償でサポートする期間を提示し、専任の担当者を用意するなど、ユーザーが安心するようなサポートを心がけて欲しいと思います。
コンサルティング業などの場合は、クライアントに対してどれだけ親身になれるか、そしてサポート出来るかが重要です。
B2CとB2B、どちらもきめ細かいサポートを提案していくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP