HOME -> SEO用語解説 > 使い方がわかりにくい商品

SEO用語解説 - つ

使い方がわかりにくい商品

商品の中には、実際に見ただけでは使い方がよくわからない商品というものがあります。
このような商品は、使い方がよくわからないことがネックになり、ユーザーから購入を敬遠されてしまうことがあるのです。
ユーザーの商品購入意欲を低下させないためには、ユーザーが理解出来る形で商品の使い方を提案することが必要になってきます。
使い方がわかりにくい商品でも、販売者側が「このように使うものです」と使い方をわかりやすく提示することが出来れば、ユーザーの気持ちを購入へ傾けることが出来るでしょう。
ユーザーが使い方がわかりにくいと感じ、そのために売れにくくなっていた商品を、わかりやすく使い方を提案することで売れる商品にすることが出来るのです。
また、競合が多い商品も、他社以上に具体的な商品の使い方を提示することで、ユーザーに買ってもらう確率を上げることが出来ます。
ユーザーが「こんな使い方もあるのか!」と興味を持つような利用事例を掲載することで、売上を伸ばすことが出来るのです。
競合が多い商品を売っていくために、他社との差別点や機能などをアピールし、他社よりも具体的に利用シーンを提案してください。
使い方がわかりにくい商品や競合が多い商品を売るポイントは、具体的な利用シーンを提案することです。

PAGE TOP