HOME -> SEO用語解説 > 比較マーケティング

SEO用語解説 - ひ

このエントリーをはてなブックマークに追加

比較マーケティング

現在、求められているマーケティングというのは、「価格(価格競争)」「比較(商品やサービスの特徴)」「価値(商品価値)」という面から考えたマーケティングと言えるでしょう。
中でも、比較を用いたマーケティングは、米国でよく使われています。
他社の商品やサービスと自社の商品やサービスを比較し、自社の優位点をアピールする手法で、一般的に多いものは、比較広告を用いたものです。
これは、自社の優位点を他社と比較することでアピールし、自社製品を購入してもらうことが目的の広告です。
米国では、他社の製品と比較するこのタイプの広告がよく使われています。
日本でも、1986年以降に比較広告に関する法令がないことがわかり、比較広告を使用するようになりました。
比較マーケティングは、このように一般的なものになっており、一定の効果が見込めるものだと思いますから、ネットショップでも取り入れていって欲しい手法です。
比較してから購入したいと考えている「商品やサービスを比較検討するユーザー」に向けて、勝負ページで他社の商品やサービスと比較して見せて欲しいと思います。
ユーザーに、自社製品の優位点をアピールしてください。
そして、商品やサービスの申し込みに繋げて欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP