HOME -> SEO用語解説 > 他社と比較する

SEO用語解説 - た

他社と比較する

他社の商品やサービスと比較して、それをユーザーに見せる手法を使うと、ユーザーに商品やサービスの良さを知ってもらいやすくなります。
忙しいユーザーは、様々なページを見て、商品やサービスを比較する時間がありません。
このようなユーザーに対して商品の良さをアピールする手段として、他社の商品やサービスと比較して見せる手法は優れていると言えるでしょう。
比較をすることは、他社との立ち位置を明確にすることになります。
他社と比較した結果を見て、他社と遜色のない商品だとわかれば、ユーザーは商品を申し込みたくなるでしょう。
たとえば、ユーザーに人気のサイト価格.comです。
価格.comは、様々な商品やサービスを比較することができるサイトです。
比較してから購入したいと考えているユーザーが多いことが、このサイトの人気からもわかるでしょう。
きっと、あなたも商品やサービスを購入する際には、比較をしてから購入したいと考え、検索エンジンなどを利用して、商品やサービスを比較しているのではないかと思います。
それほど、ユーザーにとっては、商品やサービスを他社の商品やサービスと比較してから購入することが当たり前になっていると同時に、重要なポイントになっているのです。

PAGE TOP