HOME -> SEO用語解説 > ユーザーが知りたいことを書く

SEO用語解説 - ゆ

ユーザーが知りたいことを書く

ユーザーの目線でコンテンツを作ることが、何故、大切なのでしょうか。
それは、ユーザーの立場に立ち、ユーザーが知りたいことを考えてコンテンツを作ることで、ユーザーが何を考えているのかが見えてくるからです。
ターゲットを知ることで、ターゲットの知りたいことが見えてきます。
ターゲットの知りたいことが見えてくれば、ターゲットの心を動かすようなコンテンツを作ることが出来るのではないかと思います。
ユーザーの目線で考え、ユーザーが知りたいことを勝負ページで答えてください。
勝負ページを読むユーザーが最も知りたい情報をしっかり書くことで、成約率がアップします。
何を伝えたいのかはっきりしない勝負ページを読んでも、ユーザーは購買意欲が湧きません。
会社側の都合で商品やサービスを紹介しても、ユーザーはそれがどのような商品やサービスなのか理解してくれないでしょう。
ユーザー目線の説明文を掲載することで、どのような商品やサービスなのかユーザーが理解しやすくなります。
勝負ページに書く文章は、ユーザーの視点で書いて欲しいと思います。
ユーザーが知りたいことの答えがあるような勝負ページを作ることが、成約率を上げることに繋がります。

PAGE TOP