HOME -> SEO用語解説 > マーケット・インのコンテンツ

SEO用語解説 - ま

マーケット・インのコンテンツ

現在、ユーザーから求められているのは、マーケット・インのコンテンツでしょう。
まず、マーケット・インについてですが、マーケット・インがどのようなものかわかるでしょうか?
マーケット・インとは、ユーザーから求められている商品のことになります。
反対に、メーカーの論理で供給する商品のことをプロダクト・アウトと言います。
プロダクト・アウトでの商品開発は、高度経済成長期に行われていました。
しかし、現在は商品が溢れかえっており、プロダクト・アウトでの商品開発を行ってもユーザーから支持を得られなくなっています。
商品が溢れかえっている今、必要とされているのは、メーカーの視点ではなく、ユーザーの視点での商品開発なのです。
ネットショップのコンテンツも同じことが言えます。
ネットショップ全体で見れば、売上は伸びています。
しかし、中小のネットショップは苛烈な競争を勝ち抜かなければいけません。
ネットに溢れかえっているコンテンツの中で勝ち残っていくためには、ユーザーの心を掴むようなコンテンツが必要と言えるのではないかと思います。
ユーザーに振り向いてもらうためには、ユーザーの視点で作ったコンテンツが必要でしょう。
ですから、マーケット・インのコンテンツが求められているのです。

PAGE TOP