HOME -> SEO用語解説 > 法令と表現の問題

SEO用語解説 - ほ

法令と表現の問題

商品やサービスを使用した結果を勝負ページに掲載し、ユーザーに商品やサービスを使うことでどのような結果を得ることが出来るかを伝えて欲しいと思います。
しかし、結果を伝える表現が法令的に問題になる場合があります。
これは、美容や健康に関わるジャンルのネットショップが対象になることが多いでしょう。
薬事法があるため、薬事法を意識した表現で結果をユーザーに伝えなければいけません。
医薬部外品や化粧品などを扱っている場合は、医薬品等適正広告基準を意識した表現を心がける必要があります。
薬事法や医薬品等適正広告基準では、効果効能を厳しくチェックしています。
ですから、効果や効能で勝負するのではなく、他の部分で他社と差別化していくことが大切でしょう。
たとえば、内容成分の一般的に知られている効果を明記しながら、製法の衛生面を強調するなどです。
この他にも、顧客満足度のアンケート調査を行い、その結果を掲載したり、環境への取り組みをアピールするなどで、他社と差別化を図っていくことが出来ます。
関連機関から推薦をもらうのも良い方法ですし、特徴的な内容成分を目立たせ、どれだけ含まれているかをアピールするのも良いでしょう。
表現方法を考え、他社との差別化を図って欲しいと思います。

PAGE TOP