HOME -> SEO用語解説 > 統計データの掲示

SEO用語解説 - と

統計データの掲示

商品やサービスに説得力を持たせるために役立つものが統計データです。
業界なり、消費者なりに繋がるような調査データというものが、商品やサービスには存在するものです。
それは、総務省や統計局のサイトを見ることでもわかります。
産業界や消費者を対象にした調査結果を、年度や月別といった形で公表しているのですが、このような公のデータを元にすることで商品やサービスに説得力を持たせることが出来るのです。
ユーザーに、自社製品の立ち位置を伝えることで商品やサービスに説得力が生まれるでしょう。
データを利用し、「このような状況になっていることから自社の商品が生まれた」と伝えることでも、説得力が生まれます。
公のデータでカテゴライズ出来ない場合には、販売実績や販売数などを自社で集計し、それをユーザーに提示するという方法もあります。
客観的なデータを上手く利用することで、ユーザーは商品やサービスを信用してくれるのです。
また、一見意味のないようなデータも見せ方次第で、ユーザーの興味を惹くようなデータに変わります。
無料サンプルの申し込み理由などを6カテゴリくらいにして円グラフ化して見せるなど、データは見せ方次第で意味のあるものに変わるのです。

PAGE TOP