HOME -> SEO用語解説 > 顧客本位の体制

SEO用語解説 - こ

顧客本位の体制

売上が伸び悩んでいる会社にありがちなものがあります。
それは、「電話での対応をしたくない」というものです。
「電話での対応をしていない」というケースもあります。
このような会社は、売上が伸び悩んでしまうことが多いのです。
これは、「電話での対応はしたくない、していない」という自分の都合に合わせたビジネスを行っているからです。
顧客のことを考えたビジネスではなく、自分の都合だけを考えたビジネスになっているのです。
売上を伸ばすためには、顧客本位の体制が必要です。
自分本位のやりかたを突き通していては、ビジネスは上手くいきません。
自分のことだけしか考えていないネットショップだということは、サイトを訪れたユーザーに伝わってしまうものです。
顧客の立場に立ち、顧客のことを考えたサービスを行ってください。
自分の都合だけを考えていると、副業止まりで終わってしまうでしょう。
顧客のことを考え、顧客本位の体制を敷いているならば、電話相談窓口が必要なことがわかると思います。
「自分が電話対応をしたくないからしない」ではなく、「顧客が電話対応を望んでいるからする」という気持ちを持って欲しいと思います。
自分本位のやり方では、ナンバーワン企業になることは出来ないでしょう。

PAGE TOP