HOME -> SEO用語解説 > 企業の歴史を掲載する

SEO用語解説 - き

企業の歴史を掲載する

ユーザーに客観的な事実を伝える方法として有効なものが、数値を掲載することです。
数字にして実績を掲載することで、ユーザから信用面での不安が消えます。
しかし、どうしても実績などを数字として掲載出来ないという企業もあるでしょう。
勝負ページに実績を数字として掲載出来ない場合には、過去に目を向けてください。
企業の過去に目を向け、過去のことを掲載することで信用力をアップさせることができます。
これは、「企業の歴史」を掲載する手法です。
長く存続している企業は、それだけで他社との差別化を図れています。
歴史がある企業に対するユーザーのイメージは、技術や理念、人材面などで良い継承が行われているというものではないでしょうか。
この歴史をユーザーにアピールするべきです。
企業の歴史は、他のものに変えることが出来ないコンテンツになります。
創業から現在までの歩みをユーザーに伝えることで、信用を得ることが出来るでしょう。
長年、商品やサービスを提供している会社というのは、それだけでユーザーが価値があると感じるものです。
創業理念がどのようにして受け継がれてきたかを掲載することも大切です。
これは、ユーザーに対して大きなアピールポイントになるでしょう。

PAGE TOP