HOME -> SEO用語解説 > 数値で人気をアピールする

SEO用語解説 - す

このエントリーをはてなブックマークに追加

数値で人気をアピールする

人気があるかどうかを知る方法とは、どのようなものでしょうか。
リアルショップの場合なら行列が出来ていれば、行列を見た通行人などが「この店は人気のある店だな」と感じるでしょう。
「そんなに人気があるのなら自分も利用したい」と思うかもしれません。
では、ネットショップの人気はどこで判断したら良いのでしょうか。
人気を表すものとして「数字」があります。
サイトに人気がわかるような数字が掲載されていれば、ユーザーはその数字を見て「このショップには利用者がたくさんいるのだな」とわかるでしょう。
たとえば、メルマガの購読者数です。
メルマガを読んでいるユーザーがたくさんいることを数値で示せば、ユーザーは人気のあるショップだと感じるはずです。
問い合わせ件数が多いのであれば、問い合わせ件数を数字化して掲載しましょう。
ユーザーは問い合わせ件数を見て、「こんなにたくさん問い合わせをする人がいるほど人気があるんだ」と感じます。
ネットショップはリアルショップと違い、行列など目に見えるようなものがありません。
そのため、人気の度合いを示す数字が必要なのです。
売れているネットショップだとユーザーにわかるような数字を掲載してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP