HOME -> SEO用語解説 > ユーザーの望みを言葉にする

SEO用語解説 - ゆ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーの望みを言葉にする

結果が求められるサービスを提供している場合は、ユーザーが最も望んでいることが何かを考えて欲しいと思います。
そして、最も望んでいることが何かわかったら、それを言葉にしてください。
たとえば、SEO対策セミナーの受講者が最も望んでいることを考えてみましょう。
それは「一刻も早く成果を上げたい」ということではないでしょうか。
このユーザーが最も望んでいることを、SEO対策セミナー受講者募集ページで「一刻も早く成果を上げてください」「効果をより確実なものに」というように表現します。
このように、ユーザーが最も望んでいることを具体的な言葉にしてページに掲載することが大切です。
しかし、それだけでは不十分です。
ユーザーが、情報を取得したことに満足して終わりという状態にならないようにしなければいけません。
情報を取得しただけで満足してしまうと、無駄なお金を払っただけになってしまいます。
情報は取得するだけでなく、実践してもらわなければいけません。
情報を実践することで費やしたお金と同等か、それ以上の成果が得られるため、ユーザーは次のセミナーも受講したくなります。
この次のセミナーも受講したいという気持ちは、リピートに繋がりますから、受講者がノウハウを実践したくなるようなモチベーションを与えることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP